大里晃弘写真

大里晃弘のページにようこそ

このサイトでは、視覚障害を持つ医師、大里晃弘の活動を紹介しています。

last modified in 2012年12月20日

現在の私の生活は、以下を中心に活動しています。

 @勤務医(精神科)
 A障害者運動
 B一般的な社会活動(環境問題、その他)
 C趣味(音楽、スポーツなど)

プロフィール

ブログ「私の活動日誌」


「発表原稿」

雑誌やメーリングリストで書いた原稿です。多くが私の体顕談です。

「資料室」

(1)「全盲の医学生」

(1976年の「サイエンス」誌に掲載されたもので、米国における事例の紹介。英語の原文を、 当時私が在学していた東京医科歯科大学で生理学教授をなさっておられた古河太郎先生が訳してくださったもの。 先生は2005年10月に永眠されたが、存命中に私の国試合格の報が届いたことは幸いでした)

点訳データの部屋

 点訳は、「点訳グループうらわ」にお願いしています。視覚障害者の方、ご利用ください。


行事案内

 行事案内、最新トッピクなどを載せてゆきます。


osatomail