【機関誌第4号】    Top
 ゆいまーるが発足して、早8年。機関誌も第4号の刊行となりました。ここまで継続してこられましたのも、応援してくださる皆さまのお力によるものと感謝いたしております。

 今回の第4号にも多数の力作が寄せられました。ゆいまーる会員が日々感じている等身大の気持ちを、一人でも多くの皆さまにお読みいただければ幸いです。
 
・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

      視覚障害をもつ医療従事者の会 機関誌第4号

            『ゆいまーる』

  目 次

  1 発刊にあたって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・守田 稔

  2 規約

  3 『ゆいまーる』の歩み

  4 役員と会員

  5 関西ゆいまーる勉強会の歩み

  6 関東地方会の歩み

  7 ゆいまーる交流会 2014年・2015年

  8 輝集人 生駒芳久「互いに語り、自殺防ぎたい」(毎日新聞)

  9 佳代の俳句散歩 (1)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・戸田 佳代


   ◇ 会員より

  10 私の医療体験・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・有光 勲

  11 きよしの川柳漫歩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・戸田 陽

  12 職場介助者制度の問題点とゆいまーる会員アンケート・・・・・・・・・・・・・生駒 芳久

  13 我が輩は盲導犬オニキスでござる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・田中 康文

  14 『希望のワクチン』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・福場 将太

  15 リハビリは楽しさづくり?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤原 義朗

  16 ゆいまーるの意味(創刊号参照)

  17 私を支えてくれるIT機器・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮崎 貞之介

  18 佳代の俳句散歩 (2)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・戸田 佳代

  19 ここら辺りで途中下車…!(第二次人生回想録)・・・・・・・・・・・・・・・宮下 治

  20 チームとは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・村瀬 樹太郎


   ◇ 第110回 日本精神神経学会学術総会シンポジウム27

  21 シンポジウム27 主旨

  22 公立精神科病院における全盲の視覚障害をもつ精神科医の日常業務について・・・生駒 芳久

  23 50歳からの再出発 〜 民間精神科病院における全盲医師としての現状と課題・・・大里 晃弘

  24 全盲精神科医のクリニックでの診療業務と視覚障害をもつ医療従事者の会・・・・守田 稔


  25 ゆいまーる会員 講演・ラジオ出演等

  26 テキスト化の実績

  27 編集後記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・生駒 芳久

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・・〜・〜・〜・〜・


 *音声版は、サピエ図書館に登録されていますので、そちらからもお読みいただけます。